スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者と労働

                                  経済学部経済学科 小泉
今回の範囲、本全体を読んで日本のメンバーシップ型と欧米のジョブ型の比較から始まり、入社、若者の雇用問題についての政策、ブラック企業や能力主義から成果主義への転換に当たっての問題について書かれており、そして筆者が日本のメンバーシップ型と欧米のジョブ型に代わるジョブ型正社員について提起している。これらのことを通じて自分は就職においてやはり誠実な人間性、自主性が重要だと思った。なぜなら現在の日本の雇用形態はメンバーシップ型でありスキルは社内教育などでも十分身に着けられるからである。この本の中で大学教育について文科系の学部は問題の塊で、就職先において求められる能力と大学で学ぶ知識との隔たりがあると指摘している。知識は確かに経済学部で学んだ知識を生かせるような銀行などに就職しない限りほとんど必要なく隔たりはあると思うが、大学では就職で生かせる知識を学ぶのがすべてではないと思う。ゼミなどの講義の中にはその講義を通じて人間性を学ぶということもあると思う。
一部の大学を除いて、ただ暗記するだけで単位が取れるような講義をすることに問題があると思う。これでは学生が考えることをせず、ただ暗記という作業するだけである。それでは就職してからも言われたことだけをこなすだけの人となり、自分で考えることをしないので普段とは異なる出来事が起こった場合対応できなくなり、その人も人間的に成長しなくなってしまう。大学での講義を問題とするだけでなく仮に暗記をするだけで単位が取れてしまう講義でもその学生に自主性があれば講義で習ったことに関連してどんどん知識を増やせると思うので誠実な人間性、自主性が重要であると思った。
就職することは人生の半分を決めることだと思うので自分が大事だと思う価値観、生きがいを大切にして働きたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。