FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

課題 Googleの採用基準と松下博宣の記事の論評 小泉

Googleには5つの採用基準がある。それは学ぶ力・リーダーシップ・謙虚さ・自発性・専門知識である。GPAは採用としての価値は無いといっておりそれよりも5つの採用基準を満たしているかが重要であると述べている。GPAとは大学の講義においてどのような成績を取っているかを見るためのものであるから講義がどのようなレベルで行われているかで変わってしまうので価値は無い。5つの採用基準のうち専門知識は優先度が低いが求める人材とは高度な専門的知識を持っているknowledge workerである。今は単にマニュアルどおりに動く人や指示をもらってから動く人ではなく知識社会で活躍できるknowledge workerである。小保方さんも研究者であるからknowledge workerであるがそれだけでなく生きがいを持ち、より良いものにしていく意思があれば企業が求める優れた人材となるのではないかと思う。
がんばって勉強して良い大学に入って正規雇用として働いたとしても必ずしもその人が豊かな人生を送っているわけではないと思う。そもそも豊かな人生とは給料が安定していて健康に過ごせればよいのだろうか。実際に働いている現場では松下博宣が指摘するようにストレスが満ちている。メンタルの不調で会社を休むものが6割超えている。そのメンタル面で乗り越えるにはいきがいを持つことが解決策だと思う。さきほど述べたようにお金、健康は重要だがそれに生きがいを持って働くことで豊かな人生を過ごしているといえるのではないか。
求められる人材となるために自分は大学でいろいろな知識や経験を蓄えることが今できる重要なことだと思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。