FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

課題 小保方論文の論評 小泉

アベノミクスとは安倍首相が掲げた政策で三本の矢の内のひとつ成長戦略において再生医療が小保方論文と関連付けられると考えられる。
再生医療は国民からの税金を使い優秀な人材育成を行うとともに現在治療が困難である病気に対しても将来治療ができるという可能性がある。しかし小保方論文の虚偽、改ざんという行いによりSTAP細胞の存在が疑われている。小保方さんはアベノミクスの女性の雇用の象徴のように取り上げられていたが、論文の疑惑で優秀な人材を育成しているとは言い切れない。また、現在病気と闘っている人に関してもその期待を裏切るようなことになってしまった。
小保方さんが書いた博士論文についても不正があり、早稲田大学における博士論文の審査に問題があるといわざるをえない。早稲田大学は日本の私学の中ではトップクラスであるにもかかわらず、このような問題が起こり早稲田大学のみならず日本の科学における研究は世界で不信感が高まっている。このような問題が見過ごされたので論文の審査のシステムについて見直す必要がある思う。自分も以前コピペをしていた。そして、コピペとか言っているので犯罪をしている意識が薄く盗用という犯罪である事を自覚しなければならないと思った。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。