FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論評

みんなのレポートを読んでほとんどの人は体験を交えて書いてあった。筒井君のがアップルとドコモを比較してあり良かった。アマゾンのレビューと比べると自分のレポートが適当なのかがわかった。アマゾンのを参考にこれからのレポートにいかしたい。
スポンサーサイト

夏期課題

                              名城大学 経済学部 経済学科 小泉透
今回読んだ「アップル 驚異のエクスペリエンス」ではアップルがなぜ成功を収めたのかが書かれている。
 アップルではフィードバックを顧客からもらいそれを活かして会社をよりよくしたり、マルチタスク能力を開発することで、顧客にすばらしいエクスペリエンスを提供している。このマルチタスク能力は今後生きていく中でこの能力を使うことができれば社会でかなり役に立つと思いました。
 アップルではサービスの5ステップ使い、来店して10秒以内にあいさつをしているがあいさつは生きていく中で最も重要であたりまえだと思っていたが、この本を読んで改めてあいさつの重要性が分かった。このサービスの5ステップや待たせている顧客に数分ごとに声をかけ、体内時計をリセットするという方法やそれだけで数十分待たせているのを数分待たせ居るように感じれるとは知らなかったのでこれらを知るだけでもためになったと思いました。
 顧客が何を求めているかを聞き、それを理解し、それに応じた言葉をかえすことことで満足させることができるので自分の中で大切に思いました。
 またアップルはデザインにも細部までこだわっており、店内にはすっきりできれいになっており確かに自分もほこりがたまっている店やくもの巣がある店やごみが落ちている店には来店しようとは思わないので、きれいになっているほうがいいと思いました。それがアップルは掃除にかなりの時間をかけて丁寧にやっているので、これだけが人気の理由ではないがひとつの要因だと改めて思いました。
 スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションもまた有名なのでこの本にも取り上げられていたので聞いている人をひきつけるやり方を知り、自分も同じようにできるようになりたいと思いました。
 この本を読んでみて商売では利益ばかりを優先するのではなく顧客サービスに重点を置くことで結果は自然と付いていくことが重要だと思いました。働いている人が自分の会社に自信を持ち、好くことができればアップルのように顧客にも満足できるサービスができると思いました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。