FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ロビンソン物語」の社会的背景(2)

                                  名城大学 経済学部経済学科 小泉透

都市の手工業者が14世紀後半あたりから15世紀にかけて急激に農村地方へ流出し始めそれが極限に達するのが「ロビンソン・クルーソウ漂流記」が刊行された頃。そして、新しい近代的工業都市が農村工業の凝縮点として生まれつつも代わりに封建時代に栄えた中世都市がほとんど衰退していった。現代では、都市から地方に行く人もいるが地方から都市に行く人のほうが多いので現代とは全くの逆になっている。
スウィフトとデフォウの違いは、スウィフトは中産的生産者層の生活態度にエゴイズムの面がまとわりついていたことは否定しようがない。一方で、デフォウは「ロビンソン・クルーソウ漂流記」のなかではそういう点にはあまり触れず中産的生産者層の行動様式に見られる良い面ばかり描く。そして、「ロビンソン・クルーソウ漂流記」は当時のイギリスで、人間形成の書として、大きな働きをした。その本があるので今のイギリスがあると思う。
ロビンソンは優れた経営者であり、忠実な労働者であった。ロビンソンは孤島での生活はたった1人のいわばワンマン・ビジネスですから彼が優れた意味での経営者的資質をみごとに身につけていることがわかる。
社会的モデルは当時のイギリスの中産的生産者層に属する人々で、ロビンソンはその理想像だった。つまり、現実の中産的生産者層決定的部分をなす人々はさまざまな個人的夾雑物の付加されたロビンソンだった。
ロビンソン的人間類型がどういう文化的意味を担ってきた2つに分けて考える。1つ目は、重商主義政策が実行されたことによって工場制度が一般化されたこと、そして、「イギリスが世界の工場」となったこと。2つ目は、経済学の理論は、実はロビンソン的人間類型を前提として成立している。
スポンサーサイト

欠席の課題

経済的な貧困は、徐々になくなってきていると思うが精神的貧困になっていると自分もそのように思う。精神的貧困は、お金では解決できないと思うので人と人とのかかわりが大切にすることで解決にむかうと思う。

自分も含め筒井君以外人はただ本文の要約をしているだけに終わっているが筒井君は要約と自分の感想を述べている点がいいと思いました。これからは自分の論評も入れていこうと思います。

前回のやり直し

アベノミクスは自民党の安倍晋三内閣が、構想した三本の矢を柱とした経済政策のこと。デフレと円高からの脱却、名目3%以上の経済成長などを目標に、「大胆な金融政策」、「機動的な財政政策」、「民間投資を喚起する成長戦略」を3つの基本政策として掲げている。
労働に関して、GDPが増大しても賃金や雇用は増えないと思う。実際に90年代以降はGDP増加しても就業者数は停滞、減少している。おそらく技術の発達や、IT化が進んで生産性の向上とそれによって働く人が減少したためだと思う。もし雇用が増えたとしても、平均的な賃金を得られるとは限らない。総務省「労働力調査」によれば雇用者数は4891万人から5140万人に増えたが、正規雇用者は減少し非正規雇用者は増加している。それは雇用者全体の35%にもなっている。それに、企業の業績が良くなっても非正規雇用者の賃金には反映されにくい。
正規雇用者になりたい人はいるので正規雇用者が増えていくことを願います。

社会科学における人間 序論~

                            名城大学 経済学部経済学科 小泉透      序論 1現代社会科学と人間論
「社会科学における問題」の問題の説明とその問題が世間の人々の関心の広がり。
社会科学の論理的思考における人間の位置づけの問題が日本では、なぜ最近人々の関心を惹きつけるか。理由は2つあり1つ目は、先進諸国と後進諸国のあいだに生じている万僕問題です。2つ目は、経済的貧困の問題が解決されてきたとき精神的貧困の問題が出てきた。
2人間類型とは何か
人間類型の意味の見当のつけ方。1つは定義する。もう1つは、比較的近づきやすい具体的な事例を取り上げて、例示的に説明する。ある時代のある国民が全体として特徴的に示す思考と行動の様式、そのタイプを人間類型と呼ぶことにする。しかし、具体的には、個人的変容を含みながらも、個々ひとりびとりの内部にいわばサナギ化した形で抱かれている。しかも、自ら外化し、社会的に形をとって現れてくる。観念的・物質的な凝縮物の独自な類型、それこそが人間類型。
Ⅰ「ロビンソン物語」に見られる人間類型
3「ロビンソン物語」の社会的背景(1)
『ロビンソン・クルーソウ漂流記』の著者のダニエル・デフォウは、1660年に生まれ1731年に死んでいる。彼は、実は誠実でありアダム・スミス以前の最も優れた経済学者の1人だと考えている。ロビンソンの孤島における生活には、17世紀終わりから18世紀前半にかけてのイギリスで、「中産的生産者層」の生活様式がモデルだったと考えている。そのように考える理由は1つは、ロビンソンがエンクロウジャー作って、土地を所有したり使用収益したりするのは当時のイングランドの人々の生活を特徴づける事実だから。もう1つは、農村工業の中小生産者たちの定住様式は、孤島におけるロビンソンと非常に良く似ているから。
あとがき
著者は、NHKの大学講座で連続講義を試みた。放送の主要な視聴者が大学生なので平易に話そうと努力した。専門領域を超えてしまったので誤りをおかしているのが気がかり。筆者を支えてくれた方に感謝。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。